日本製と海外製のサプリ

サプリメントが一般化したので・・・

ここ数年でサプリメントを飲む人がとても増えました。

 

そういうわたしもサプリが大好き!
ウキウキと効果あるかなーって飲むのも好きだし、海外のサプリのかわいいパッケージを集めるのも好きデス。

 

で、サプリが大好きな私だから思うこと。

 

 

みんな、とりあえず飲めばいいと思ってない?

 

サプリメントは栄養補助食品。

 

そう。日本では食品なんです。

 

だから、わたしは安心して飲んでいます。だって、いくら体にいいビタミンやミネラルでもたくさん摂り過ぎれば害になると思うから。

 

特に、常用しているお薬がある人や、体に疾患がある人は気をつけて!

 

サプリだからってバカにしないで、きちんとお医者さんに飲んでいいか確認してから摂取しましょう!

 

いつもお薬を欠かさず飲んでいるわたしのお友達は、すするのおめぐ実が飲みたくてお医者さんに聞いたら、成分を見てダメって言われました。

 

そのお友達は、「だから、するるはきっと効果があるよー。」って笑っていたけど、そういうコトだと思うんです。

 

お薬で狙っている(防いでいる)効果を促してしまうビタミンが多く含まれている場合、お薬の効果を薄めてしまうわけですからね。

 

 

日本製と海外製にも注意!

それと、海外旅行のお土産でサプリを買ってくれる人も増えました。

 

現地のスーパーではかわいいサプリメントがずらりと並んでいるし、日本のコストコなどで見かけるパッケージの英語版なんかもあるので、お土産に買うんですよね。

 

でも、覚えておいたほうがいいのは、海外ではサプリの中に医薬品が含まれていることもあるってことです。

 

日本では医薬品扱いの成分っていうことですね。

 

そのため、食品扱いの日本で売られているサプリメントよりもずっと強い効能があったりします。もちろん、副作用がでることもあります。

 

これは、個人輸入代理店などを通して買ったサプリメントも一緒。

 

 

安易に海外のサプリには手を出さない方がいいと思います。
海外のサプリをお土産にもらったら、かわいいパッケージを眺めて外国気分を味わうだけの方がいいと思います。